MENU

額汗を止める方法で大事なこと?

 

 

額汗、顔汗の原因については、おもに3つに大別することができます。

 

まず、ストレスや緊張です。
面接やプレゼンなど、人目が気になる時に汗が出やすいという特徴があります。

 

2つ目は、運動不足やエアコンがずっとついている部屋で過ごす生活が、原因となります。

 

汗腺が汗をかくことを忘れてしまい、体温調整する時に身体の汗腺が働かず、
顔に汗が集中してしまうという特徴があります。

 

3つ目は、生活環境の乱れや、加齢、ダイエットなどによる、
ホルモンバランスの乱れも原因となります。更年期などもそのひとつです。

 

自律神経の乱れによって、額汗や顔汗、のぼせといった症状が出ます。  

 

 

額汗や顔汗を止める方法は、食事や運動などの生活習慣を見直して、
インナーケアを心がけるということなのですが、即効性を期待することができない方法です。

 

ホルモンバランスや自律神経、性格はなかなか変えられないものだからです。

 

そこで、ここからは、即効性のある額汗を止める方法について、ご紹介します。  

 

 

即効性のある方法としては、顔・おでこ用の制汗ジェル、
あるいは皮脂吸収クリームを使用するという方法です。

 

また、身体の「半側発汗」という作用を利用した額汗の止め方もあります。

 

人間の身体には、どこかを圧迫すると、そこを境界線として体半分に汗をかきにくくなり、
残り半分はその分汗をかきやすくなるという仕組みが備わっています。

 

この仕組みを、「半側発汗」といいます。  

 

 

京都の舞妓さんは、顔に汗をかくと、白塗りのお化粧が流れ落ちてしまうので、
昔から半側発汗を利用して、顔汗を止めています。

 

 

このページの先頭へ